トップページ

もう自転車は、自転車店まで引っ張り持ってゆかなくてもよいです。

電話一本でお宅までお伺い致します。

でも修理料金がたかいのでないかとご心配なさるかもしれませんが、創業以来どうしたら修理料金を安くできるか研究、努力を続け、ていねいな仕事を手早くすることに成功しました。金額が少なくとも多くの人々が利用しているコンビニや宅配便と同じやり方なのです。
30年の自転車メーカーの営業経て2002年新潟県初の「動く自転車屋」をたちあげました

初めて自転車修理を頼もうかと迷ってる方へ

自転車 は、使用していると必ず修理が伴うものです。                             以前は、自転車店が自転車を売り自分で販売した自転車を責任を持って修理をしていたものでしたので、買った人は、安心して乗ることができました。自転車が国内生産から中国に移り、自転車価格が大幅にに下がりその上スパーで売られるようになりました。皆さまには、買い求め易くなりましたが、反面街の自転車店は、高齢化と経営が苦しくなり廃業する店が多くなりました。                                        以前よりも自転車は多く売れておりますが、使い捨てされるようになり、売られる所も大型量販店か、全国チェーン店に限られてきました。販売する建前上修理を謳っているおりますが、自転車修理は時間がかかりその上修理単価が低く自転車修理で従業員の給料や店の経費は稼ぎ出せません。ですから修理より金額の稼げる自転車販売に力がそそがれ、修理に行っても新車を勧められるとがあるとおもわれます。                          近年この傾向に拍車がかかり、一部の駅前や学校近くの恵まれた店を除いた町の自転車店は、自転車は売れない修理工賃はないで廃業が加速すると予想されます。                                   30年の自転車営業と16年の移動自転車修理をやってみて、これが自転車店の現状かとおもわれます。     父が戦後自転車の仕事に就きその中で育った私としては、自転車は修理のきく優れた商品であり、自転車が使い捨てされてる現状を憂い、何とかならないものかと自転車修理で成り立つよう、素早く確実に効率よくするならば、安い修理代金でも多くの仕事ができるなら経営成り立つのでないかと努めております。                   そのために過去一年間行った修理の部品は常時在庫しており、入荷待ちのロスタイムはありません。

動く自転車屋レモン本部の紹介

動く自転車屋レモンは、出張修理を原則として営業しておりますが、出先で修理不可能のときや、悪天候など場合に限り持ち帰り本部で修理する事があります。本部では、過去一年間で使用した部品については、常時在庫し、お客様にご不便をかけないよう努めております。

電話 090-2736-0 4 7 6
営業時間 8:00~19:00(日、祭日は午後より営業)
  悪天候及びサイクルイベントの日は休ませていただきます
本部 新潟市中央区女池7交通公園前